アフィリエイト
Canva is a free design tool that you can use for free

Canvaは無料で使える超おすすめのデザインツール!

こんにちは、ハネジです。

ボクが最近気に入って良く使ってるのが
無料のデザインツールCanva(キャンバ)

公式 グラフィックデザインを無料で簡単作成 – Canva

もともとAdobe PhotoshopとかAffinity Designerのような有料ツールでやってた作業をCanvaで済ますケースが増えてきて、最近はもっぱらブラウザでCanvaばかり使ってます。

なぜかというと、Canvaは

少ない工程でそれなりのものが
サクっとできあがるから(笑

これって結構大事なんですよ。

あまりになんでもできる高性能ツールだと、思いついたことをすべて試して見たくなってしまって「気づいたら画像一つ作るのに何時間もかけてしまっていた・・」なんてことが往々にしてあるんです。
凝り性の人は特に注意です。(←自分への戒め

その点Canvaはデザインに必要な機能は十分に抑えられていて、無料で使えるセンスが良い素材やテンプレートが豊富なので、そのまま使ったり参考にしたりしながら、スイスイとデザインすることができるんです。

ちなみにこのブログの各記事冒頭に表示されるアイキャッチや、途中挿入する図もCanvaで作られてるのが結構あるんですよー。こんなの ↓↓↓

Works designed with Canva

結構良くないですか??
良いってことで話すすめますよ??

スポンサーリンク

無料のオンラインデザインツール Canva

Canvaでできること

Canva template example


Canvaには、最初から目的に合わせた素材やテンプレートが用意されていて、文字を打ち替えるだけでもキレイなデザインができあがります。素材やテンプレートは、有料のものもありますが、今のところボクは無料のもので十分対応できています。

またオブジェクトの重ね順(レイヤー)を変更したり、透明度の変更などもできるので、最低限のデザインは出来ちゃうんですよ!

そしてここが素晴らしいところ!

画像や素材のアップロード機能があるので、他のフリー素材サイトのパーツもアップロードすればCanva上で組み合わせることができるんですね。なのでまっさらな状態からでも使いたい画像をアップロードしたり、文字を入力すればOKなんです。

利用までの流れ

Canva usage registration


Canvaは利用登録するだけで無料で使うことができます。GoogleやFacebookのアカウントをお持ちなら紐付ければすぐにでも使い始められますし、Canvaのサイトにメールアドレスを登録する方法でも良いです。お好みの方法を選択してください。

Canvaの使い方(実例)

ログインすると、最初にデザインの作成画面が表示され、どんな目的で使うのか(形や大きさ)を決めていきます。ここでは実例としてこのサイトのアイキャッチ画像を作ってみます

このサイトの場合、メインカラムの幅が860pxなのでアイキャッチ画像はそれ以上の幅で横長にしていきたいなと。なので「もっと見る」の部分から最適な形を選びます。

Choose a Canva template

ボクが最近良く使うのが、画面スクロールして一番下の方にある「Facebook広告 1200px × 628px」。今回もこれで行きましょう。

Choose a Canva template Facebook

まっさらなデザイン画面が表示されました。ここでツールの切り替えから「素材」「テキスト」「背景」「アップロード」を切り替えデザインしていきます。

Start designing with Canva

とりあえず今回は、Googleの画像検索から「Canva ロゴ」と検索して出てきたロゴを右クリックで一旦パソコンに保存し、Canvaにアップロードして配置してみました。

Placing the Canva logo

テキスト」から文字を入力してみたところ。
これだけでもシンプルで良さそうですが、あんまりオススメ感が・・・でてない? ちょっとさみしい感じでしょうか。

Enter characters in Canva

Canvaのロゴがエメラルドグリーンですし、砂浜とか太陽みたいな暖かくて明るい色が合うでしょうか? とりあえず背景を黄色とかオレンジにかえてみました。白もいいけどオレンジもいいな!

Change the background color with Canva


※素材は有料のものもあって、サムネイルのところに金額が書いてあります。有料のものはさすがにクオリティが高いですが、今回は無料のものでなんとかしたいところ。

オブジェクトを選択した状態で、右上のツール群から「重なり順の変更」「透明度の変更」などデザインに便利な機能が選べます。実はこの他にも画像にライティングエフェクトをかけたりもできるんですが、あんまり凝りすぎると本末転倒なのでほどほどにしとかないとですね。

Change order of layers in Canva

結局、背景オレンジを薄く斜線がはいったものにしたり、さらに半透明の黄色の帯を重ねたり細々とした調整を重ねて仕上げました。これなら小さなサムネイルにしても目立ちますし、タイトル文字も読みやすそうです。よし!これにします!

At the time of completion of the design at Canva

あとは「ダウンロード」からJPGかPNGを選べばデザインしたものが画像としてダウンロードされますので、Wordpressのアイキャッチに設定して完了です。

Download from Canva

Canvaの良いところ

アップロード機能がある!

もうこれは最高です。この機能があるお陰でCanvaの無料素材で足りないところは大部分が補えてしまいます。最近はとくにいろんなフリー素材サイトがあるので、困ることは少ないですよね。他のフリー素材サイトだけではただのパーツでしかありませんが、Canvaにアップロードするとデザインの一部として生きてきますよ。

オートセーブ機能がある!

Canvaで作業していると定期的に自動保存(オートセーブ)してくれます。なので明示的に保存していかなくても作業はずっと再開できるんですね。パソコン上のAPPだとまだオートセーブしてくれないソフトもあって、うっかり保存しないままAPPを終了してしまったり、OSのアップデートで再起動がかかったりして、せっかくの作業が水の泡なんてことこもあります。その点はCanvaなら安心です。

iOS AndroidのAPPもある!

ボクはほぼブラウザ上で作業してしまうのでAPPは使ってないんですけど、APPがある意味は大きいですよ。同じアカウントでログインすれば、ブラウザで作業した続きをAPPでなんてこともできますからね。Apple Pencill対応iPadなんて使いやすいんじゃないでしょうか。新しいiPad欲しいなぁ!

Canvaのイマイチなところ

かっこいい日本語フォントがない

これは好みや意見が別れるところでしょうけど、ビシっとしたゴシック体が見当たらないんです。ちょっと丸みや親近感を感じさせるフォントはあるのですが、ボクはあんまり好みじゃない。。。でも無料で使わせてもらってそれは求めすぎでしょうね。

色の調整機能が弱い

細かい話ですが、素材と背景の色をあわせたいときカラーピッカーをつかってバッチリ色をあわせるということが、Canva上だけでは完結しません。別途カラーピッカーAPPを用意して細かく合わせることは可能ですが、Canva上でそれができると便利だと思います。

オブジェクトの変形が少し弱い

全部がそうなわけではありませんが、オブジェクトによっては縦横比を変えたりできないんです。例えば真円を楕円にできない場合があるんです。でもこれは些細なことです。

まとめ

Canvaは確かに痒いところに手が届くツールじゃありませんが、逆にそれが良いところでもあります。できる範囲が限られてるのならそのなかでスピーディーにキレイなデザインをすることを心がければ良いですから。無料の範疇でこれだけできればもうホント十分だと思いますよ。

もしCanvaの機能で足らなくなってくればAffinity Designerのような有料のツールにも価値を感じることができるでしょうから、ステップアップすれば良いですもんね。

それにしても良い時代になりました。一昔前ならこのCanvaの機能でも有料ツールとして十分通用していました。それがいまやブラウザがあれば無料で使えるんですからね。ちょっとでも興味が湧いたらぜひ使ってみることをおすすめしますよ!

では、今回はこの辺で!

タイトルとURLをコピーしました