SEO
Wokandapix / Pixabay

SEO対策でmeta keywordには何を設定すべき?

今日はSEO対策のお話です。

アフィリエイトで稼ごうとすると正しいSEO対策、そして検索エンジンに対する理解は必須のスキルになっています。

WordPressの場合、利用するテーマによっては記事投稿画面の下に、SEO関連の設定として下の図ような入力欄が表示されます。この欄に入力するものは、主に検索エンジン対策としての役割を担います。

検索エンジン対策に興味はあれど、いったい何を入力すれば良いのかわからない場合もあると思います。今日は特に <meta keyword> について説明していきますよ。

WordPressのメタ設定

スポンサーリンク

SEO対策で”meta keyword”には何を設定すべき?

いきなり結論からいうと、
なにも設定(入力)する必要はありません。

以上です!

ハネジ
ハネジ
なんて言ってしまうと話が終わってしまうし、ちょっと投げやりすぎるので、その背景などを説明させてください。
アフィちゃん
アフィちゃん
ビックリしたぁ!

“meta keyword”が必要ない理由

<meta keyword>はもともとWEBページの内容に関連したキーワードを、能動的に設定できる仕組みで、昔の検索エンジンはWEBサイトをインデックスするときに、ある程度はそのキーワード設定を指標としていたので、SEO対策上有効でした。

WEBページの制作者側から見ると、検索エンジンに対してそのページを表示させるきっかけになるキーワードを、あらかじめ申請できるようなイメージだったので、とても使い勝手が良いものだったんですね。

ですが、ページの内容とは関係なくアクセスが集まりそうなキーワードを設定するなどの悪用も簡単にできてしまったため、もともとの役割をはたせなくなってきました。

Googleは”meta keyword”をサポートしない

<meta keyword>が必要ないという一番の大きな理由は Googleが <meta keyword> をサポートしていないからです

Google がサポートしているメタタグ - Search Console ヘルプ
メタタグは、サイトの情報を検索エンジンに提供するうえで非常に便利です。メタタグを使用して、あらゆる種類のクライアントに情報を

上記は利用可能なメタタグの一部で、サイトにとって重要な場合は上記以外のメタタグも使用できます。ただし、Google でサポートされないメタタグは無視されますのでご注意ください。

↑この内容をみてもらうと良いのですが、Googleは公式情報として <meta Keyword>をサポートしないと言ってるんですね。

検索エンジンのシェアー2018.04

2018年4月時点、日本国内での検索エンジンシェアでGoogleは68.08%を占めています。この圧倒的なシェアを握るGoogleがサポートしていないのであれば、設定する意味が薄れますよね。

日本国内の検索エンジンシェアのグラフ|2018.04

さらにYahoo!の検索エンジンの中身はGoogleが提供していますし、Bingもmeta keywordをサポートしていません。

なので、現状ほぼ100%に近い検索エンジンに対して meta keyword の設定は意味をなしません。

「現状意味がないかもしれないけど、せっかく設定できるなら、設定しておいても良いのでは?」

たしかにその考え方もありますね。ボクも以前はそうしていました。
ですが、あえて設定しないほうが良い理由もあるのです。

設定しないほうが良い理由

SEO対策の理想的な方法のひとつは、自分のWEBサイトのコンテンツの内容を、正確にわかりやすくGoogle(とその背後にいる検索ユーザー)へ伝えてあげることです。

ですが、WEBサイトの製作者がコンテンツの内容をキーワードで表現するときに、必ずしも正確なキーワードで設定できるとは限りません。

また、WEBページの特性上加筆されたりして、当初設定されたキーワードと内容がだんだん離れていってしまうことも考えられるでしょう。

幸いにもGoogleは『Google でサポートされないメタタグは無視されます』と言っているので、間違ったキーワード設定によるペナルティはなさそうですが、今後はどうなるかわかりません。

 

また、近年スマホなどのモバイル端末への最適化の面からみても、不要なタグは極力へらして通信容量を節約する方向へ向かっていますから設定するメリットが見当たりません。

検索上位のサイトのmeta設定状況

ここでちょっと面白いSEO対策ツールの画面をお見せしますね。

下の図は「ダイエット おすすめ」と「仮想通貨 おすすめ」での検索結果1位〜10位までのキーワード設定状況です。

キーワード設定状況

仮想通貨は比較的最近生まれた市場なので、WEBサイトも新しいものが多いはずです。ダイエットはその反対としてチョイスしました。

これを見てもわかるように、最近のWEBページには<meta Keyword>自体設定しなくても問題ないことがわかります。

まとめ:SEO対策でのmeta keyword設定

検索エンジンは日々進化していますし、今後もおそらくコンテンツの内容把握の精度はあがり続けるはずです。SEO対策としてのmeta keyword の重要度が増すことは考えにくいでしょう。

そのため、WEBサイト制作者側でできる一番のSEO対策は検索ユーザーのニーズを掴み取ることと、コンテンツの質を上げることに集約されていくと思います。

ちょっと理想論的なことを話しすぎたかもしれませんが、検索エンジンを正しく理解して対応することは、結果的にアフィリエイターにとっても有益にはたらくはずですよ。大変なことですが一緒に頑張っていきましょう!

ハネジ
ハネジ
ふぅ。ちょっと固くしゃべりすぎたね。
でも話はなんとなく理解してもらえたかな?
アフィちゃん
アフィちゃん
・・・・スゥ・・
・・スゥ・・
ハネジ
ハネジ
寝てる!
ハネジ
ハネジ
寝てる!

では、今回はこのへんで!

タイトルとURLをコピーしました