アフィリエイト
Make Wordpress SSL compliant

エックスサーバーのWordPressを無料でSSL対応(HTTPS)する手順

サイトの信頼性アーーップ!

こんにちは!ハネジです。

WEBサイト(ホームページ)を運用していくときに、今後さけて通れないのがSSL対応(HTTPS)。

具体的にいうと現在「http」からはじまっているWEBサイトのアドレスを、今後は「https」からにして、通信の安全を確保していくということです。

ちなみに今ご覧のこのサイトもSSL対応ずみです。
アフィリスキル https

そもそもSSLとはなんぞ?という方は下記をご一読ください。

SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)は、いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。
ウェブサイトから情報を送信する際に、送信する情報を暗号化する為に利用をします。サイトの管理者は送信される情報を悪意を持った第三者から守ると同時に、送信される情報が改ざんをされていないことを証明することができます。つまり、ウェブサイトを運用する上でSSL/TLSは切っても切れない関係です。
SSL/TLS総合情報サイト

このように、なんだか大事なことらしいというのはわかりますよね。

でもなぜ「避けて通れない」とまで言うのかというと、ボクらアフィリエイターにとっては、Googleの指針にあわせるというところが大きいのです。

下記はGoogleによるWEBマスター向け公式情報なのですが・・・

HTTPS をランキング シグナルに使用します
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

ヒッ!?

SSL対応状況が検索結果の順位に影響する」とバッチリ書いてありますよ・・

またこの指針が発表されたのが2014年8月なので、もう状況はすでにSSL対応は必須というわけなんですね。

SSL対応(HTTPS)していなくても昔はあまり問題になっていなかった・・なんていうと怒られそうですが、インターネットが広く一般に普及し、セキュリティーリスクが広く知られるようになったことで、WEBサイトの通信は常時セキュリティに守られたSSL通信を使うことが望ましいと言われるようになりました。

 

さて、なんだか小難しい話に聞こえるかもしれませんが大丈夫!
わかりやすく説明していきますよ!

ちなみにエックスサーバーで独自ドメインサイトを運用するなら、
なんと!ちょっとした設定で無料で常時SSL化することができるんです。無料ならやらない手はないですよね!

参考 エックスサーバー

今回は初心者向けということで、エックスサーバーにWordPressをインストールするところから説明していきますね。

おっと、その前にドメインをエックスサーバーに設定する方法は下記を御覧ください。

お名前.comで取ったドメインをXserver(エックスサーバー)に設定する方法【2018】
こんにちは!ハネジです。 今日は「いっちょ本格的にアフィリエイトしてやっか!」と思ってる方に向けた、独自ドメインとサーバーの設定方法のお話です。 ち...

 

じゃ早速いってみましょう!

おおまかな流れ

  • エックスサーバーにWordPressをインストールする
  • エックスサーバーの管理画面でSSL設定をする
  • ワードプレスの管理画面でSSL設定をする
スポンサーリンク

エックスサーバーにWordpressをインストールする

サーバーにインストールと言ってもそんなに難しくありません。
エックサーバーのサーバーパネルにアクセスし、対象ドメインを選んだあと自動インストールをクリックします。

エックスサーバー/サーバーパネル/自動インストール

 

プログラムのインストールタブをクリック。

エックスサーバー/サーバーパネル/プログラムのインストール

 

WordPress日本語版のインストール設定をクリック。

エックスサーバー/サーバーパネル/インストール設定

 

ここでブログ名やユーザー名などを決めていきますが、後からでも変更可能なのでそれほど気にする必要はありません。サクっと決めちゃいましょう。決めたら該当欄に入力してインストール(確認)をクリック

エックスサーバー/サーバーパネル/ワードプレス設定

 

確認画面がでましたね。ここではまだインストールURLがhttpからのアドレスのままですが、それで大丈夫です。他に問題なさそうならインストール(確定)をクリック。

エックスサーバー/サーバーパネル/インストール(確定)

 

インストール完了したら、下記のような画面に切り替わります。
この画面をコピペするか、スクリーンショットを撮って保存しておきましょう。

エックスサーバー/サーバーパネル/インストール完了

SSL対応手順:エックスサーバー側の操作

まずエックスサーバーのサーバーパネルにアクセスし、SSL設定をクリック。

エックスサーバー/サーバーパネル/SSL設定

 

ドメイン選択画面から、SSL対応させたいドメインを選びます。ボクの場合エックスサーバーに複数のドメインを設定してるので、このように選択肢があるだけです。

エックスサーバー/サーバーパネル/ドメイン選択画面

 

独自SSLの設定の追加タブをクリック。

エックスサーバー/サーバーパネル/独自SSLの設定タブ

 

独自SSL設定を追加する(確定)をクリック。
「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」の欄にはチェックは入れません

エックスサーバー/サーバーパネル/独自SSL設定を追加する

 

これでエックスサーバー側のSSL対応手順は完了です!

ちなみに上記画面の※のところに書いてあるように、独自SSLを設定してから約1時間くらいはhttpsのアドレスではアクセスできません

まだSSL設定が完了しないうちに、httpsから始まるアドレスでWordPressにアクセスすると、こんな画面↓が表示されます。

エックスサーバー/無効なURLです

約1時間ほっときましょう(^o^)

SSL対応手順:WordPress側の操作

1時間たった!

先程WordPressインストール時にメモしておいた情報からWordPressにログインします。

WordPressをエックスサーバーのドメイン直下にインストールした場合、おそらく下記のようなアドレスのはずです。
http://ドメイン名/wp-admin/

ログインしたら設定一般設定とすすみ、WordPressアドレス(URL)サイトアドレス(URL)の欄の、httpとなっているところをhttpsと打ち替え、変更を保存をクリック。

WordPress/一般設定

このとき、自動でログアウトされる場合もありますが、もし自動で遷移しない場合は、右上の「こんにちは、○○さん」のところから一旦ログアウトしましょう。

そして再度またログインします。

WordPress/ログイン画面

お疲れ様でした!
これでWordPress側のSSL対応設定も完了しました!

ここまでの設定を行うと、WEBサイトの表示(作成した記事など)はhttp://ドメイン https://ドメインのどちらでもアクセスできるようになりますが、WordPressの管理画面にログインするときには自動的にhttps://ドメインのほうに遷移しますので便利ですよ。

まとめ:エックスサーバーのWordPressをSSL対応する手順

今回のはちょっとややこしかったかもしれませんね。

でもここで大事なことは
「自分が大変なことは、他人も大変」だということ。

あなたがここを苦労してでも乗り越えられたら、きっと自分に自信がつくでしょうし、乗り越えられなかった他の人より一歩先に進むことができます

SSL対応するとユーザーからみたWEBサイトの信頼性があがりGoogleからの評価もあがって良いことばっかりなんです。

ちょっと無理そうだと思っても、「やってみると意外とイケちゃった〜」なんてこともありますから、ダメもとでも挑戦してみると良いですよ。

ぜひ挑戦してみてくださいね!

では、今回はこのへんで!

参考 独自SSLが無料!信頼のエックスサーバー

タイトルとURLをコピーしました